学習・体験

【曹洞宗 大本山 永平寺】




坐禅(ざぜん)
※【意味】坐禅とは、禅宗における修行の一つで正しい姿勢で坐り(すわり)精神統一を行う修行のことである。坐禅の「坐」は「すわる」という意味があり、坐禅の「禅」は落ち着いた心の状態という意味である。
写経(しゃきょう)
※【意味】写経とは、お経を書き写すことである。仏教の修行の一環として、また、教えを伝え広めるものとして始まった。祈願や供養のために写経がおこなわれることもある。

google translate(翻訳)