出雲大社

名称

出雲国一宮 出雲大社

(いずもおおやしろ、正仮名遣いでは「いづもおほやしろ」)

通称

いずもたいしゃ

概要

 創建、日本神話の神代(西暦紀元前660年以上前)。中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)ともいわれる日本神話において、天津神が国津神から葦原中国の国譲りを受ける国譲りの事情のもとで創建された。二拝四拍手一拝の作法で拝礼する神社である。

 古代の日本において出雲国(現島根県)は、渡来人によって農耕などの当時の最新技術が伝わる日本の情報発信地であった。出雲大社の主祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は、各地に農業などを広めた国づくりの神である。日本最古の歴史書である古事記には、大国主大神は天照大神に国を譲る代わりに大きな社を立てて自身を祀るよう求めた為、出雲大社の本殿は現在においても巨大なものとなっている。古代日本において当時出雲国を治めた出雲国造の一族が現在に至るまで宮司を努めている。

 旧暦10月の「神無月」は、日本各地の神々が出雲へ集まる為、神無月と呼ばれているが、出雲大社では逆に日本各地の神々が集まる為、「神有月」と呼んでいる。

オフィシャルHP

http://www.izumooyashiro.or.jp/

住所

〒699-0701
島根県出雲市大社町杵築東195

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

神仏.com
レビュー総合評価(平均):  
 0 reviews

その他の神社仏閣

  1. 富士山本宮 浅間大社

  2. 龗神社

  3. 梅宮大社

  4. 北海道神宮

  5. 丹生川上神社上社

  6. 二宮神社

google translate(翻訳)

神社仏閣:週間ランキング