津島神社

厳選祈祷 神前挙式

名称

全国天王総本社 津島神社 (つしまじんじゃ)

概要

創建、西暦540年。「お伊勢参らば津島へ参れ、津島参らば片参り」と歌われた日本全国にある3000社以上ある津島信仰の総本山。主神は、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を討伐した最強の神である建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)である。神話にも語られるその圧倒的な強さから、厄払い、災難除けの神様として多くの有名な戦国武将達からも崇敬されており、有名な織田家、豊臣家、徳川家も参拝しており、豊臣秀吉は「楼門」を寄贈した。津島神社は、創建からしばらくして神仏習合に影響を受け、祭神が「牛頭天王」へと変化した。牛頭天王は元々、インドの祇園精舎の守護神であり、薬師如来の化身とも言われているため、古来、津島神社には難病治癒の祈願に訪れる参拝客が全国から訪れた。江戸時代までは津島牛頭天王社として名を馳せた。明治時代の神仏分離の影響により、牛頭天王の面影はなくなったが、現在でも「津島の天王さま」と人々に親しまれている。

【御祭神】

建速須佐之男命(タケハヤスサノヲノミコト)

大穴牟遅命 (オオナムチミコト)
別名:大国主命 (オオクニヌシノカミ)

みんなの投稿写真【津島神社】

投稿写真公式SNS
津島神社
津島市観光協会

ご祈祷のご案内

【ご祈祷のお時間】

午前9時から午後4時まで随時

【お願い事の種類について】

個人の方:初宮・安産・七五三・厄除け・身体健康・合格・心願成就

商売繁盛・家内安全・病気平癒・旅行安全・災禍祓・交通安全・海上安全

6,000円、8,000円、10,000円

団体の方:町内安全・団体安全・工事安全・会社安全

10,000円、20,000円以上

※神楽は50,000円以上となります。

※平日のご祈祷は、午前は正午まで。午後は1時よりのご奉仕。
※上記時間内でも祭礼・結婚式等でご奉仕出来ない場合がありますのでご了承願います。
※団体祈祷・神楽・正式参拝を除き予約は必要ありません

結婚式のご案内

http://tsushimajinja.or.jp/bridal/index.html

お祭り

 【尾張津島天王祭】(毎年7月第4土曜日開催)

 ※ユネスコ無形文化遺産

※津島神社の祭典、催し物、行事についてはオフィシャルHPでご確認お願い致します。

http://tsushimajinja.or.jp/saiten.html

オフィシャルHP

http://tsushimajinja.or.jp/

住所

〒496-0851

愛知県津島市神明町1

アクセス

【電車】

名鉄津島線

津島駅から徒歩約15分 (約1㎞)

【バス】

津島神社南バス停から徒歩約3分 (約200m)

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

神仏.com
レビュー総合評価(平均):  
 0 reviews

その他の神社仏閣

  1. 宮地嶽神社

  2. 宝寿院

  3. 長谷寺

  4. 西本願寺(本願寺)

  5. 猿田彦大本宮椿大神社

  6. 香取神宮

google translate(翻訳)

神社仏閣:週間ランキング