神前式・仏前式を探す

⛩【貴船神社】


👏【定義如来 西方寺】




神前式(しんぜんしき)
※【意味】神社に祀られている神様の前にて、和装で行う日本の伝統的な挙式のこと。盃を交わす 三献の儀(さんこんのぎ)や、玉串拝礼などの儀式を行う。現代のような神前式は、明治33年に日比谷大神宮(現東京大神宮)で行われた大正天皇の御成婚の儀式が最初とされている。
仏前式(ぶつぜんしき)
※【意味】寺院に祀られている仏様の前にて、和装で行う日本の伝統的な挙式のこと。以前は新郎新婦のどちらかがその宗派の信徒である必要があったが、現在では宗派に関係なく多くの寺院で執り行うことができる。

google translate(翻訳)