富士山本宮 浅間大社

世界遺産 車両祓い 神前挙式

名称

駿河国一の宮

富士山本宮 浅間大社(せんげんたいしゃ)

概要

◆◇◆世界遺産◆◇◆

創建、西暦紀元前27年頃。起源には富士山の噴火と大きく関わっており、7代目孝霊天皇の時代、富士山の噴火により近辺に住む人々が被害を被り、永きに渡って、荒廃した状態が続いたため、11代垂仁天皇によって山足の地に浅間大神を祀り、山神を鎮めた。その後噴火が収まり、平和が訪れたといわれる。これが現在の浅間大社の起源であり、全国の浅間神社の総本社となっている。

西暦806年(大同元年 )に富士山の湧き水の沸く、現在の大宮の地に社殿を移した。朝廷や名だたる武将の崇拝を受けており、本殿、拝殿、楼門は徳川家康が寄進したものである。富士山そのものがこの富士山本宮浅間大社の御神体であり、富士山信仰の中心地である。

山頂にある奥宮は、7月10日~9月10日の間のみ参拝が可能。

※天候等に変更有

【御祭神】

木花之佐久夜毘売命(コノハナノサクヤヒメノミコト)

御祈祷のご案内

【受付時間】

11月~翌年3月 午前8時半~午後4時半

3月、10月 午前8時半~午後5時

4月~9月 午前8時半~午後5時半

※御神楽の奉納は午前8時半~午後4時となる。

【お申し込み方法について】

授与所にて備え付けの申込用紙に必要事項記入の上、御祈祷料を添え申込む。

※あらかじめ準備が必要なものは事前の予約が必要になります。団体での参拝、特殊な祈願や時間外の参拝、多数の祈祷札を希望される場合は、電話にてお問い合わせください。

【お願い事の種類について】

会社、団体での御祈祷

事業繁栄、操業安全、社運興昌、商売繁盛等

個人や家族での御祈祷

家内安全、開運招福、良縁、子宝、安産身体健全、交通安全、登山、旅行安全、病気平癒、など

命名式、初宮詣、七五三詣、結婚式、還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿、上寿等、人生の節目の儀礼、年齢祝

【御祈祷の種類と初穂料について】

■厄除け以外の個人での御祈祷 5,000円以上

■厄除け 6,000円以上

■会社 10,000円以上

■団体での参拝(10名以上) お1人様1,000円以上

■御神楽 10,000円以上

【結婚式】

巫女の舞や雅楽の生演奏、参進があり富士山に見守られながら、厳かな雰囲気の中での挙式も行っている。

電話での仮予約の上、社務所にて挙式料を添えて、申込をする。

■挙式料 100,000円

挙式時間 午前9時~午後4時(1時間毎)

※挙式のみ。衣装は持ち込みとなるので、申込者の方で用意をする形になる。

みんなの投稿写真【浅間大社】

投稿写真
浅間大社

お祭り

【流鏑馬祭】(毎年5月4・5・6日)

※祭典、催し物、行事については下記のリンクよりオフィシャルHPでご確認お願い致します。

富士山本宮浅間大社:年中行事 (fuji-hongu.or.jp)

オフィシャルHP

http://fuji-hongu.or.jp/sengen/

住所

〒418-0067

静岡県富士宮市宮町1-1

アクセス

【電車】

JR身延線 富士宮駅から徒歩約10分

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

神仏.com
レビュー総合評価(平均):  
 0 reviews

その他の神社仏閣

  1. 諏訪神社

  2. 住吉大社

  3. 築地本願寺

  4. 千代保稲荷神社

  5. 氣多大社

  6. 阿蘇神社

google translate(翻訳)

神社仏閣:週間ランキング