日本三大観音の所在地

三大観音お寺所在地
浅草観音浅草寺東京都台東区
大須観音寶生院
愛知県名古屋市
津観音観音寺三重県津市
観音(かんのん)
◆一般的には「観音さま」と呼ばれる。観音菩薩(かんのん ぼさつ)、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)または観自在菩薩(かんじざいぼさつ)ともいい多数の別名がある。『観音経』などに基づいて広く信仰・礼拝の対象となっている。また、『般若心経』の冒頭に登場する菩薩でもあり、般若の智慧の象徴ともなっている。観音とは「音を観(見)る」と書く。仏教では「見聞一致(けんもんいっち)」という言葉があり、見ると聞くは同じ意味だという考え方がある。ここでいう音とは人々の苦しみの声のことであり、人々の苦しみの声を聞いて、救いを与える存在が観音菩薩である。