お寺には寺格というものがあり、各宗派内において「お寺の格付け」を表すものである。本山とは仏教の各宗派内でトップの位置にあり数多く存在する寺院を統括するなどの機能を持つ特別な寺院のことである。この寺格体制は、本末制度と呼ばれ江戸時代に制度化されたものである。宗教法人に登録されている寺院は必ずいずれかの宗派に属しており、それら数多の寺院は本山によって統括管理されている。寺格は上から「総本山」≒「大本山」〉「別格本山」〉「本山」〉「本寺」〉「中本寺」〉「直末寺」〉「孫末寺」などに階層分けされている。※宗派によっては大本山を1番上の寺格するところもある。江戸幕府が実施した本末制度により、各宗派の寺院は管理されることとなり、勝手に新たな寺を建立することは禁止され、新宗派を興すことができなかった為、戦前まで十三宗五十六派でその数は固定されることとなった。この時に江戸幕府は、庶民に対していずれかの宗派に所属させる「檀家制度」を導入したのである。

代表的な十三宗派の総本山・大本山👏

開宗年(西暦)  宗派    大本山・総本山

660年     法相宗    興福寺薬師寺

740年     華厳宗    東大寺

759年     律宗     唐招提寺

806年     天台宗    延暦寺

816年     真言宗    金剛峰寺 

1117年     融通念仏宗  大念仏寺

1175年     浄土宗    知恩院

1224年     浄土真宗   西本願寺 など

1191年     臨済宗    建仁寺  など

1227年     曹洞宗    永平寺

1253年     日蓮宗    久遠寺

1274年     時宗     遊行寺

1661年     黄檗宗    萬福寺

※総本山・大本山は、宗派の○○派によって異なる。