千葉神社

名称

妙見本宮 千葉神社
(ちばじんじゃ)

概要

創建、西暦1000年。

下総の豪族である千葉氏の守護神を祀った北極星、北斗七星信仰、さらに仏教の妙見信仰とを合わせて信仰する神仏習合の神社である。御社殿は、上下に二つの拝殿を有する日本初の重層社殿である。

全ての方位方角を北辰妙見尊星王(ホクシンミョウケンソンショウオウ)=天之御中主大神(アメノミナカヌシノカミ)を祀る北斗山金剛授寺として西暦1000年に開山した。西暦1869年(明治2年)に廃仏毀釈の影響を受け、千葉神社の名称へ改称された。

八方除けのほか、人間の悪い星(運命)を取り除き、善い星(運命)へと導くとされるため、子供の成長祈願への信仰が篤い神社でもある。男女二人の星を巡り合わせ、その二つの星を末永く結びつける御力を持つとされており、結婚式や結納式、金婚式など婚姻に関わる祭典も多く執り行われている。

【御祭神】

天之御中主大神(アメノミナカヌシノカミ)

経津主神(フツヌシノカミ)

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)

オフィシャルHP

https://www.chibajinja.com/

住所

〒260-0018

千葉県千葉市中央区院内1丁目16−1

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

神仏.com
レビュー総合評価(平均):  
 0 reviews

その他の神社仏閣

  1. 千代保稲荷神社

  2. 松尾大社

  3. 吉田神社

  4. 丹生川上神社上社

  5. 明治神宮

  6. 上賀茂神社(賀茂別雷神社)

google translate(翻訳)

神社仏閣:週間ランキング