大和神社

通信祈祷

名称

大和神社(おおやまとじんじゃ)

概要

創建、西暦紀元前86年(崇神天皇12年)。二十二社の中七社の神社である。日本書紀の記録によると御祭神である日本大国魂神(ヤマトオオクニタマノオオカミ)は、日本の国土を守る守護神として天照大神とともに第5代天皇である孝昭天皇の時代から同殿共床で祀られていたのだが、世の中が安定せず乱れているのは、両方の神の力が強すぎるためとされた為、神威をおそれた崇神天皇により天照大神を天神とし、日本大国魂神を地神として分けて祀ることとなった。これが大和神社の起源とされている。

奈良時代の遣唐使派遣の際には、必ず航海安全の祈願をする為に大和神社へ参拝するようにと勅命が下っていたほど朝廷から信仰されており、西暦897年には最高位である正一位の神階が授けられた神社である。第二次世界大戦中の旧日本軍は、これらの由縁にあやかりたいという考えから大和神社の分霊を祀りたいと申し出ており、日本の国土を守る守護神として、人類史上世界最大の軍艦である戦艦大和由縁の神社となった。

境内は広大で東京ドーム16個分に相当する広さがあり、かつては神域の四隅には神域を守る為の神社が建てられていた。

【御祭神(ごさいしん)】
日本大国魂大神(ヤマトオオクニタマノオオカミ)
八千戈大神(ヤチホコノオオカミ)
御年大神(ミトシノカミ)
御利益
国家鎮護恋愛成就勝負必勝
開運出世学業成就交通安全
家内安全無病息災延命長寿
五穀豊穣海漁守護金運上昇
商売繫盛芸能上達災難厄除
子宝安産悪縁切りその他
※主な対象の御利益:赤太字 対象の御利益:太字

みんなの投稿写真【大和神社】

投稿写真
大和神社

ご祈祷のご案内

【通信祈禱】

諸事情によりおいで頂けない場合は電話又わメールで承っております。

 「願意・氏名・年齢・住所(御神札をお送りします住所)電話番号 等」を添えて、現金書留か振込にて、申し込んで下さい。祈祷料に送料(一律600円)を添えてお納め下さい。御神札は祈祷料入金確認後、御神前にて御祈祷致しまして、御送り申し上げます。

◆送付先◆   

〒632-0057  奈良県天理市新泉町306  大和神社 社務所 宛て

※ご祈禱の詳細はオフィシャルHPへ

祈祷 (ooyamatohp.net)

お祭り

※祭典、催し物、行事の詳細はオフィシャルHPへ

祭典・神事の予定 (ooyamatohp.net)

オフィシャルHP

http://www.ooyamatohp.net/

住所

〒632-0057

奈良県天理市新泉町306

アクセス

http://ooyamatohp.net/access.html

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

神仏.com
レビュー総合評価(平均):  
 0 reviews

その他の神社仏閣

  1. 多賀大社

  2. 事任八幡宮

  3. 熱田神宮

  4. 大神神社

  5. 大念仏寺

  6. 丹生川上神社上社

google translate(翻訳)

神社仏閣:週間ランキング